京都の和菓子

2016年06月26日

名勝 無鄰菴 

 名勝 無鄰菴さんは、京都岡崎にある明治・大正の元老山縣有朋が京都に造営した別荘です。
京都市の所有ですので、あまり宣伝はされていませんが、
「日本庭園全国ランキング」で6位という、お庭がとても有名なところです。

 昨年までも、お庭を眺めながらお茶を飲めるというのをされていて「真盛豆」をお使いいただいておりました。
 今年度は、京都市の指定管理者制度が導入され、植彌加藤造園株式会社さんが無鄰菴の管理運営をされることにありました。続き引き、「お庭を眺めながらのお茶」はされておられ、真盛豆をお使いいただいております。
murinan2.JPG
 現地に、植彌加藤造園さんの方がおられるようになりましたので、お庭に関してのプロフェッショナルです。
例えば、「この松の葉っぱ見たことないな」と思うと、「なぜこの位置の松は、こういった切り方をされているのかまで教えていただけます。他にこんなところはないと思いますので、一度行かれたことがある方も、お楽しみいただける事と思います。
 また、お庭は式により雰囲気が柄tt変わります。展示室では四季の移ろいもパネルで展示されています。
4シーズン行かれるのも良いかもしれません。
murinan.JPG
 また、新たにイベント等もされていますので、是非公式ホームページをご覧ください。
http://murin-an.jp/
posted by Wataru Kanaya at 08:57| Comment(0) | 京都観光

2016年03月01日

高台寺教化ホール開館記念 方円流記念茶会のお知らせ

「鷲峰山 高台寺」さんにて
高台寺教化ホール開館記念
方円流記念茶会が行われます。

日程 2016年3月13日から15日の三日間
時間 午前10時から午後3時まで
場所 高台寺教化ホール(高台寺駐車場横)
料金 ご入場は無料ですが満席の場合はお断りする場合がございます
主催 高台寺http://www.kodaiji.com/index.html
共催 公益財団法人 煎茶道方円流http://hoenryu.jimdo.com/
後援 大本山 萬福寺http://www.obakusan.or.jp/
   大本山 建仁寺http://www.kenninji.jp/
   公益財団法人 禅文化研究所http://www.zenbunka.or.jp/
お問い合わせ 高台寺 075(561)9966

houen_tea_l.jpg
方円流記念茶会http://www.kodaiji.com/topic/78.html
今回ご縁を頂きまして記念茶会用のお菓子を、京菓子司 金谷正廣が担当させていただくことになりました。

当日のお楽しみですので、ここではなにも申せませんが、いろいろと趣向をこらしておられる大規模なお茶会となります。
その他にも春の特別拝観と夜間ライトアップもございます。
 春の特別拝観「開山堂龍図公開」
 春の夜間特別拝観「プロジェクションマッピング 無我」
京都在住の方もこの機会に是非お越しくださいませ。
posted by Wataru Kanaya at 23:27| Comment(0) | ニュース

2016年02月20日

Nadi kitayama outdoor & studio FITNESS CLUB

京都、北山通りにあるアウトドアとフィットネスのスタジオ nadi北山さんのスタッフブログに当店をご紹介いただきました。
http://nadi-kitayama.com/blog/%E4%B8%8B%E7%94%BA%E8%80%85%E9%81%93%E9%80%9A/

場所は北山通りの植物園の向かい側。一見、スポーツ系フィットネス系の建物に見えない、おしゃれなお店です。
http://nadi-kitayama.com/
(新しくなった古田織部美術館さんのお隣)

 室内でのヨガやピラティスやの他、ランニングや山歩きロードバイク等、一人ではじめるには少しハードルが高くまた、知識なくはじめると怪我の心配もあるようなアウトドアの教室もされている珍しいスタジオさんです。
 
posted by Wataru Kanaya at 17:35| Comment(0) | ニュース

2016年02月07日

関西テレビ「よーいドン!本日のおすすめ」にて和菓子をご紹介いただきました。

関西人にはおなじみの関西テレビで放送されている朝の情報バラエティ番組「よーいドン!」「本日のおすすめ!」コーナーにて弊社の和菓子「真盛豆」をご紹介いただきました。
2016/2/15放送
http://www.ktv.jp/yo-idon/corner2.html
関西人で知らない人はいないだろうと思うほどの情報番組で、撮影いただいた時から、まわりの知人に番組の話をすると「あの、○○やろ!」と皆さんよくご存知でした。

今回ご紹介いただいたのは「真盛豆」の「利休井筒入」です。
真盛豆は通常は袋入りですが、ご進物用に木箱入りもご用意しておいます。

秀吉公が北野大茶会の時に利休亭にて真盛豆をお召し上がりになった祭に「茶味に適す」と絶賛いただいたという逸話が残っておりますが、その際に千利休が水を汲んだとされている井戸が京都北野の西方尼寺にござます。

そちらの井戸の形は四隅の内二つの方向の出っ張りが切り取られていて珍しい形をしているのですが、その形を模して作らせていただいた木箱になります。

木箱は菓子盆のようにお使いいただけます。
また、木箱も昔ながらの手工業で作っていただいている商品です。
インターネット注文も承っておりますので是非ご覧ください。


番組ではそのほかにも
茶寮 宝泉さん等が紹介されていました。
アナウンサー岡安譲さんのおすすめということでご紹介いただけ光栄です。
ご出演は
メインパーソナリティー 未知やすえさん
レギュラーパーソナリティー 円広志さん
パネラー サバンナさん  トミーズ健さん
進行 高橋真理恵さん(関西テレビアナウンサー)
エンド出演 桂小春團治さん

アナウンサー岡安譲さんはスイーツ博士としても有名です。
http://www.ktv.jp/ktv/ann/cafe/okayasu/
posted by Wataru Kanaya at 17:29| Comment(1) | ニュース

平安神宮 献菓祭 樋口富麻呂

先日、店舗清掃の時、絵と賞状を見つけました。
日付は昭和49年。
私の祖父の時代に平安神宮へお菓子を収めさせていただいた記念品にいただいたものだと思います。
平安神宮で現在も「献菓祭」毎年、全国の菓子店から献菓され、展示されています。
過去の記録の限り、どのようなお祭りに参加させていただいていたのかもうわからなくなってしまっているのですが、、賞状にはちゃんと店の名前も入っていたのでこの年におさめさせてただいていたのだろうなと推測できます。
また、記念品だと思われるこちらの絵があまりにもよいデザインでした。
レトロな画法で時代的な正装の方が描かれています。
献菓祭
作者については少し調べてみたのですが、日本画・版画家の樋口富麻呂さんという方でした。
京都左京区にお住まいで81年まで御在命だったそうです。
浮世絵や美人画等で有名ですが、近代的なシュールレアリズムのオブジェのような干支を色紙に書かれていたり、朝日新聞のカレンダーを担当されたりしておられたようです。
こちらは版画作品だと思いますが、実はなかなか珍しいものかもしれません。

しばらく、店頭に飾っておこうと思っていますので、是非ご覧にいらしてください。
http://www.heianjingu.or.jp/
posted by Wataru Kanaya at 17:03| Comment(0) | その他