京都の和菓子

2015年04月10日

京都伏見 惠福寺 しだれ桜

京都伏見 惠福寺 しだれ桜
 京都には桜で有名な場所が数多くあり、四月の初め桜の季節には全国からたくさんの方が京都の桜を楽しみにしてこられます。
 ご近所の方とのご挨拶も、「疎水は満開だった。」「二条城のライトアップで渋滞がすごい」など、桜に関係するお話も多くなします。
 お菓子も、春らしくカラフルなものが多くなり、お茶会などもたくさん開かれています。
 ちょうど市内の桜が満開かな?という頃にはおかげさまでお菓子屋は忙しく走り回っており、配達の途中に車の窓から眺める程度です。
今週にはいってやっと一息つかせていただきまして、遅咲きの桜を鑑賞しにいってきました。
惠福寺 しだれ桜 02
こちらは京都の伏見
にある惠福寺さんという浄土宗のお寺さんのお庭です。
樹齢50年程度とおっしゃる見事に手入れされたしだれ桜はこの期間ライトアップされご近所の方々が眺めにこられます。
縁あってこちらの桜が素晴らしということで、見に行ってきましたが、びっくりするほど美しいすがたでした。
惠福寺 しだれ桜 01
 また、本堂を解放してくださり、畳の上から桜を眺めさせていただけます。この日も近所の方々が15人ほど談笑しながら「近所にこれがあるからわざわざどっか見に行かんでええなー」といいながらたくさんおいでになります。
 観光寺院ではありませんので、特別に宣伝されているわけではないですが、こんなにご近所の方の楽しみになっている桜の木は見た事がないと思うほど、すばらしい空間でした。
4/12日にはお祭りも開催されるそうです。
また、本堂には平安時代のお地蔵さんがございます。
それがお地蔵さん聞いて想像するようなお姿ではなく、大きくてびっくりするぐらいに重厚なお姿ですので、是非足を運んでいただけたらと思います。
posted by Wataru Kanaya at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子のご縁

2015年03月15日

京都国際現代芸術祭 PARASOHIAが開催されています。

京都国際現代芸術祭 PARASOHIAが開催されています。
 今回はお菓子の話題から外れます。京都は今、琳派400年記念祭と京都国際現代芸術祭が行われております。和菓子屋さんでも琳派にちなんだものが作られたり各所で関連のイベントがおこなわれなりなにかと話題にもなりますが、PARASOPHIAの方はあまり一般的に注目を集めていないように思えます。和菓子屋としましては、伝統芸能、芸術関連に興味がおありになるのお客様が多いからかもしれません。
 折角京都でやっているのだから、地元の人たちがそれにふれ、また、遠方から作品の鑑賞に訪れた方が京都の文化や歴史風土も一緒に楽しんでいって貰えれば地元住民としては嬉しく思います。

parasophia

 京都市美術館全館と京都府京都文化博物館を中心とした都市型の展示を行う芸術祭で市内数カ所で行われています。といても、京都市内全域に作品が散らばっているというよりも、数カ所ある具合です。
 そして、金谷正廣の近所である、「堀川商店街」でも展示が行われていて、商店街にはPARASOPHIAの旗がたくさん飾られています。
PARASOPHIA堀川1
堀川商店街のアーケードを抜けて北に進んだ所。
PARASOPHIA堀川2
古くなった商店街の建物がリノベーションされています。個人的には30年間毎日のように通っている地元なのに入るのはもちろん初めてでした。
PARASOPHIA堀川3
とてもいい日差しが差し込んでいる階段。
PARASOPHIA堀川4
部屋の中。
PARASOPHIA堀川6
こちらも部屋の中。
建物を見るだけでも十分お楽しみいただけるかと思います。
PARASOPHIA堀川5
このような作品の展示も!

 映像や音をつかった作品が、古い建物の雰囲気とまじわり、未来なのか過去なのかわからないような独特の空間になっていました。こんな所でお茶会をしてみたいですね。
 
 堀川団地に展示されている作品は多くはありません。また、美術館や文化博物館のついでといった感覚になるかもしれませんが、ここまで足を延ばすなら、近隣のおいしいお店や面白いお店、楽美術館さんや晴明神社さんも徒歩で行ける距離です。もちろん当店にも足を運んでいただければ、いろいろご紹介もさせていただきますので、是非お越し下さい。
posted by Wataru Kanaya at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2015年02月14日

上生菓子 かまくら

上生菓子 かまくら
 今年は京都も雪の多い季節が続きました。
大雪といわれても、大きな通りは比較的すぐに車が通れるようなになるのですが、西陣界隈の細い路地はつるつる滑るぐらいになります。
 道の端々に子供達が作った雪だるまは沢山ありますが、さすがにかまくらを作れるようになるまでは積もりません。
和菓子 かまくら
 こちらは、3歳のお子様から83歳の方まで召し上がられるというお茶会用に作らせていただきました。こしあんの上用まんじゅうに焼き印でかまくらの陰をつけております。この上に雪を降らせたパターン等もございますが、お子様が召し上がられても、ぽろぽろこぼれないようにとの事でつるっとした上用に仕上げてあります。
 季節やお客様に合わせてご相談いただけましたら、いろいろなお菓子をご提案させていただきますので、是非是非お気軽にご連絡下さいませ。
posted by Wataru Kanaya at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の菓子

2015年02月13日

ホワイトデーも和菓子

ホワイトデーも和菓子!
バレンタインのお返しに和菓子!
 近年、バレンタインデーにチョコレートの代わりに和菓子をとお使いいただく機会も増えているのですが、ホワイトデーのお返しに和菓子というのはいかかでしょうか?
 バレンタインデーはチョコレート!と定番ですが、ホワイトデーは”キャンディー?””マショマロ?”等迷ってしまい今ひとつ決定打に欠ける、、、
 そんな時はいっその事和菓子を送くりになる事をおすすめいたします。
以外な選択におもえますが、毎年お使いいただいているお客様もいらっしゃいます。当店のお菓子に限らず、洋菓子売り場だけでなく、和菓子売り場ものぞいてみていただけると新しい発見があるかもしれません。
 当店のおすすめはやはり真盛豆です。小さな丸いお菓子ですので、大人数の方々に送られるのにも適しております。

posted by Wataru Kanaya at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の菓子

仏事の和菓子

仏事の和菓子
 先日、「仏事のお茶席をだすので、、、」とご相談を受けこちらの黄色と白の”きんとん”を制作させていただきました。
 昔から仏事には香の図といって香道のマークをいれたお菓子等が多いのですが、白い銘々皿をお使いで沢山の方にお出しされるという事で最終的にはこのような形にさせていただきました。
仏事の和菓子
 おめでたい席、故人を偲ぶお席にも、お客様とおもてなしされる方とのつながりの中に、”和菓子”という媒体で関わらせていただける事は大変光栄な思いです。

 いろいろなご相談いただけましたら、お見本をお造りする事もできますので、是非お気軽にご連絡いただけましたら幸いでございます。
posted by Wataru Kanaya at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 京菓子